オフィスの高性能コピー機にビックリ

オフィスにおけるコピー機で様々な変倍に対応

パソコンにおいて、文字の設定をすることができます。
フォントの設定をすれば、文字が大きくなります。
目立つようにするのであれば、大きな文字を使えば良いのです。
一方、たくさんの内容について記載をしたいのであれば、フォントを小さくすればたくさんの内容を詰め込むことができます。
自分で文書を作成する場合には、自分の好みで作成することができますが、他人になると、その人達の目的によって変わってきます。
たくさんの文字を1枚の用紙に収めたいとき、とにかく小さくすれば収めることができます。

でも普通の状態ではやっと見えるかどうかです。
虫眼鏡を用意しないと見えないようなものだと、書類と言えないでしょう。
でもそれを渡されたなら、それを使うしかありません。

そのような書類を元にオフィスで何らかの書類を作成しようとするなら、コピー機を使います。
単に同じ物をたくさん印刷するだけでなく、変形をさせて作成することがあります。
それが変倍機能になります。
パーセントによって指定することができ、100パーセントは原本と同じ倍率になります。
倍の大きさにしたければ200倍に設定します。
半分にしたければ50パーセントにします。
機種によって違いますが、パーセントをより細かく設定することで、調度良い大きさにすることができます。
よくあるのは、B5で作成した書類を、A4の用紙に、調度良いように拡大するものです。
この場合はパーセントで指示を出すのではなく、用紙サイズを指定します。


色々と変倍をすることができるのですが、より用紙に対応した変倍ができるものがあります。
グラフなどにおいて、横に広く書かれたものがあります。
これを縦にぴったり収まるように変倍ができます。
単純に拡大縮小されるのではなく、縦と横の比率をそれぞれ変更して行なってくれます。
元々は横幅の広いグラフでしたが、コピー後は縦長のグラフになるのです。
そうすることで、用紙の向きを揃えることができます。

PR情報

Copyright (C)2014オフィスの高性能コピー機にビックリ.All rights reserved.